株式会社アネブル行田事業所は、2017年8月31日に、埼玉県の「圧縮天然ガス自動車の容器検査所」として登録されました。
圧縮天然ガス自動車の燃料容器及び付属品は、高圧ガス保安法により、一定期間ごとに再検査を受ける必要があります。
容器検査所として登録された自動車整備工場において、車検時等に容器の再検査を受けることができます。
株式会社アネブル行田事業所は、この再検査を行うことができます。ご利用をお待ちしています。

参考

  • 検査有効期限:初回は容器製造後、4年以内、以降は2年2ヶ月以内。
  • 容器と容器付属品(元弁、安全弁)の充てん可能期限:製造時の検査合格日から15年。
  • 充てん可能期限(15年)以降も、引き続き、車両を使用する場合は、新しい燃料ガス容器への交換が必要です。